カエデの葉っぱ。

メープルリーフを掲げる国で、ちょいと暮らしてみましたよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

個人情報の安全性。

年明けに大きなニュースになっていた、某大型量販店数社からの情報流出問題
わたしもよく買い物するところだし、2つあるクレジットカードのうち両方とも使った覚えがあったので、近いうちにカードを変えてもらおうと思いつつそのままにしていたいつもどーりやる気のないわたし
が、昨日片方のクレジットカード会社から新しいカードが届きました。
あなたのカード情報が漏れた可能性があるので新しいカードを発行しました、というお手紙つきで。「いつ、どこで、どのように、という特定はできていません」とは書いてありましたけど、まぁ、やっぱりあのチェーン店での事件が思い浮かびますよね、こんだけタイミングがよけりゃ
わたしの場合、カードで自動引き落としにしている支払いはないので、特に変更の届けを出す必要もないしいいんですけどね。
もう片方も変えてもらったほうがいいんでしょうか、一応・・・。銀行のキャッシュカードの暗証番号も変えたほうがいいとか言われたんですけどね。これもめんどくさくてまだやってません。
つい最近新聞に載ってたニュースで、ID fraudの被害にあって自分の家が勝手に住宅ローンの抵当にいれられていて、突然立ち退きを要求された女性が勝訴して家を取り戻したとかなんとかだったと思います。一面に載ってた部分だけ読んで、その続きまでは読まなかったんですが。
何十年も住んだ自分の家から突然「出てけ」って通知がくるって、ありえない話ですよね、ほんとに(実際起こったわけだけど)。
今回の情報流出事件といい、少し前に友達がその被害にあったことといい、あんまり他人事だと思ってると我が身に降りかかりそうで恐い。
ただ、今回届いた新しいカードと一緒に来たお手紙には、「防ぐ手段はありません」とまで書いてあったし、これだけ機械化してるツケってことなんでしょうかねぇ。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

Menu

ブログ内検索 ▼

FC2カウンター ▼

メールフォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。